お茶の種類について

お茶の通信販売って色々とありますが、けっこう悩みます。まずはお茶の知識を学んでいきましょう。

(以下wikiからの引用です)

茶の木の葉には酸化酵素が含まれている。葉を摘んで揉むと、葉の組織が壊れて細胞の内容物が混ざり合い、酸化酵素による酸化発酵が進んでいく。この発酵をどのようにコントロールするかにより、いくつかの種類に分けることができる。茶には各種有効成分が知られており、昔は薬用を目的に飲用されてきた。 * タンニン(カテキン類) * ビタミンC * テアニン * カフェイン 他の材料と混合した茶 * バター茶 - 茶以外にバターを含む。 * ジャスミン茶(花茶、さんぴん茶) * マサーラー・チャイ - 香辛料を含む。 * 玄米茶 * 沖縄県のぶくぶく茶 - 炒米を煎じてさんぴん茶に加え、泡立てた後にピーナッツ粉末を振りかけて供することが代表的。 * 八宝茶(三泡台) - 回族の伝統茶で、砂糖やナツメなどを入れる。 * 三道茶 - ペー族の伝統茶で、砂糖やルーシャンなどを入れるものもある。 飲料以外での茶葉の利用 * 茶漬け、ひつまぶし: ご飯に魚、塩辛、梅干、海苔、三つ葉などを乗せ、煎茶をかけて食べる。 * 茶粥: 奈良県、和歌山県では、茶葉を入れて粥を作る伝統がある(おもにほうじ茶を使用)。 * 茶そば: 抹茶を練りこんだ蕎麦切り。 * 龍井蝦仁: 浙江省杭州市の名物料理で、川エビの殻を剥いて、龍井茶の若葉と炒めたもの。 * 樟茶鴨: 四川料理のひとつで、下味をつけたアヒルをクスの葉とジャスミン茶でいぶして香り付けした後、蒸し、さらに表面を油で揚げる料理。 * 茶卵(茶鶏蛋): 中国で一般的な、茶や醤油などで味付けしたゆで卵。 * ピータン(皮蛋): アヒルの卵をアルカリ性の成分と茶葉や塩などを混ぜた液に浸けてタンパク質を凝固させた食品。 * ラペットゥ: ミャンマー料理の一種。生の茶葉を塩漬けしたものをナッツ・干蝦・生野菜などと合え、お茶請け感覚で食べることが一般的。 * 茶団子: 団子に抹茶を加えて風味を添えたもの。 * はったい粉、ツァンパ: 大麦の粉を使う練り菓子のひとつで、茶を用いる場合もある。 * 抹茶ソフトクリーム: ソフトクリームに抹茶を加えることで風味を添える。 またそれ以外にも茶葉を使った料理は、日本や中国を中心に様々なものがある(参考:AllAbout お茶を使った料理たち)。 茶ではない「茶」 茶葉を使用しない嗜好性飲料も総じて「茶」と呼ばれることがある。多くは植物の葉や実を乾燥させたものを煎じて使用する。また、中国の華中地区では、白湯(さゆ)さえも「茶」と呼ぶ事が少なくなく、この様な地区では本来の茶を「茶葉茶」という言い方で区別することも行われている。 * 麦茶 * そば茶 * 甘茶 * ハトムギ茶 * ハブ茶 * 甜茶 * ハーブティー * マテ茶 * コカ茶 * 韓国伝統茶 * 湯(中国のスープ)

トップ お茶の種類について お茶の緑茶について 白茶について 烏龍茶について 紅茶について 黄茶について 黒茶について< 虫糞茶について 玄米茶について