黄茶について

お茶の通信販売って色々とありますが、けっこう悩みます。黄茶を学んでいきましょう。

(以下wikiからの引用です)

通常の中国緑茶とは異なる加熱処理を行う事と、その後牛皮紙に包み悶黄と呼ばれる熟成工程を経て作られる事が製造工程における特徴である。黄茶の加熱処理は低い温度から始まり、徐々に温度を上げ、その後徐々に温度を下げる。この処理法によって、茶葉の持つ酵素による酸化発酵が起こる。中国緑茶の場合、最初から高温に熱した釜に茶葉を投入する為、上記の酸化発酵は(一部、萎凋を施す緑茶はあるが[1])基本的には起こらない。ちなみに黒茶以外で発酵茶と呼ばれるもの(青茶、紅茶、白茶、黄茶)は、施される工程と発酵の度合いこそ違えど、酵素による酸化発酵による発酵茶である事は共通している。又、黒茶以外で論ずると、一部の緑茶で萎凋を施す事を勘定[1]すれば、この黄茶とは発酵茶の中では唯一萎凋を施さない種類と言える。

トップ お茶の種類について お茶の緑茶について 白茶について 烏龍茶について 紅茶について 黄茶について 黒茶について< 虫糞茶について 玄米茶について